【2020年2月】Monolの学生が学習センター(RSCC)を訪問

0

バレンタインデー直後の2月15日(土)さまざまな国籍のMonolの学生10人がバギオ市内の子供たちのための学習センターを訪れました。彼らはそこで子供たちと紙袋で人形を作り、交流をしました。

今回のアクティビティは子供たちとペーパー人形を作成することで、子供たちがさまざまなキャラクターに塗り絵をし、Monolの学生はそれらを切り、つなぐことを手伝いました。

Paper bag puppets for arts and crafts

子供たちが作業しやすいよう、あらかじめキャラクターのテンプレートを用意し、子供たちはそれらに色を塗りました。テンプレートは使用せず、自分の発想で絵を作成してもOK!子供たちには自由に作業してもらいました。

ペーパークラフトが終わったあとも子供たちはまだまだ元気いっぱいです。ランチタイムまで学生と子供たちはプレイルームや外に出て一緒に遊びました。

A day well spent at RSCC

いっぱい遊んで子供たちはお腹ぺこぺこ!!フィリピン人が大好きなファストフード、「ジョリビー」のフライドチキンとスパゲッティでお昼ごはんです。

バレンタインデー直後ということで、特別デザートにチョコレートケーキも準備しました。とても短い時間でしたが、子供たちを笑顔にすることができ、Monolの学生は充実した時間を過ごせました。

Share.

Comments are closed.