フィリピン留学 VS 英語圏留学

0

今週は私がフィリピン・バギオ・MONOLでの英語学習をお勧めする理由を教えたいと思います。

もしあなたが短期の英語留学(1週間から4週間)を考えているなら、わたしはフィリピンは最適だと思います。オーストラリア、アメリカ、カナダといった英語圏で英語を勉強すれば英語を母国語とする現地の人々の自然なアクセントを体験することができます。しかし、生活費やフライト代、授業料はフィリピンと比べるとかなりの高額です。英語初級レベルの人が英語圏で短期の留学をしても大きな変化は期待できません。

フィリピンで英語を勉強することの最大の利点はコストです。授業料はもちろんですが、生活費も生活態度次第ではかなり節約できます。授業は低コストで午前から午後まで受講できます。もしあなたがさらに授業を受けたい場合、Monolでは無料のオプションクラスに参加することができます。オプションクラスは、文法、TOEIC、IELTS、ジョブインタビュー、ワーキングホリデー準備のクラスがあります。

Image: unsplash.com, @Johnschno

Studying ESL in Baguio City                               

フィリピンのバギオで勉強することの利点は気候の良さです。ここはマニラやセブとは違い暑さを感じることはありません。また治安もあまり心配することありません。バギオの治安はあなたが考えているよりはるかに安全で夜の外出も可能です。

ここで勉強することに欠点があるとすれば、毎日同じスケジュールをこなす毎日に、長期滞在の学生は途中で退屈に感じる恐れがあることです。また、英語圏ではないということもあります。しかしそれは英語力を向上させないという意味ではありません。フィリピン人講師の母国語は英語ではありませんが講師の発音を心配したことは一度もありません。Monolの講師は全員コースとレベルに合わせトレーニングを受けているので質の高い授業を受けることができます。

Student Hansel

Share.

Comments are closed.