MONOLスリーポイントシュート大会による寄付ボランティア活動

0

Pinsao地区こども教育開発センター

 

MONOLには校内にさまざまなスポーツをできる施設やアクティビティがあります。放課後にバドミントンやバスケットボール、フットサルができるバスケットボールコート、平日は毎日専属コーチがクラスをもつゴルフ練習場、屋上には卓球とビリヤード、ダーツができるレクリエーションルームがあります。そのほか、専属トレーナーのいるジムもあり、放課後にはボクシング・ムエタイ・柔術・レスリング等のクラスが開講されています。ヨガルームもあり、ここではヨガクラスとピラティスクラスが開講されています。

 

11月14-15日にMONOLではPinsao地区のデイケアセンターの子供たちへの寄付活動をスポーツを通じて行いました。バスケットボールコートでのスリーポイントシュートアクティビティでは、だれが最もスコアが高いかを競い、このアクティビティへの参加費として集めたお金は、28名のデイケアセンターのこどもたちが使う学校用品の購入資金となりました。

 

学生、そしてスタッフが参加し、スリーポイントラインからシュートを放ちます。学生のJacobとBlackがスコア7を獲得した初日、このスコアはアクティビティ終了30分前にスタッフが獲得したスコア8により覆りました。2日目はあいにくの大雨だったためホールドとなり、そのままスタッフが優勝。1ポイント差でした。

 

参加した学生からは、参加費がそのまま子供たちへの寄付になることを喜んでおり、もう1度やりたいの声も。優勝したスタッフも賞金からさらに寄付金を追加しました。

寄付金によって、28名分のクレヨン(8本入り)、大きな鉛筆とノートが購入され、11月20日学校に届きました。デイケアセンターの教師や地区長、地区スタッフもこのイベントに喜んでいました。

 

こどもたちはもちろんこの寄付に大喜び。配られて手に取るのが待ち遠しい様子。

デイケアセンターのこどもたちは新しい文房具に興奮

 

小さな寄付活動ではありますが、地区の教師そしてスタッフ陣もこのジェスチャーで感謝を表現してくれました。

 

コミュニティの一員として、MONOLは今後も頻繁にこうしたアウトリーチ活動に貢献してまいります。

今回の活動の様子の一部動画はこちら:

Share.

Comments are closed.