【心配無用】留学前の不安がいかに無駄か、フィリピン留学している僕が説明します。

0

こんにちは、IYOです。

今回のテーマは、「フィリピン留学前に心配・不安だったこと」

正直なところ、僕はフィリピン留学をすることに対して、あまり深く考えずに日本を出ました(笑)
留学する直前まで大学の試験があって余裕がなかったのですが、
自分の英語力が不足していることも十分に分かっていたので、今回の留学だけで英語を完璧にしようとはそもそも思っておらず…。

もちろん、2ヶ月という短期間でできる限りの英語力を伸ばしたいからこそ、バギオ留学、MONOLを選んだのは事実。
今回のフィリピン留学では、「あくまでも今後の英語学習のためのきっかけ」にしようと考えました。

ただ、1ヵ月以上、フィリピン・バギオで生活し続けていて、色々思うこともやっぱりあります。
そこで、今回はフィリピン留学を検討している方が感じるであろう不安や心配ごとについて「実際どうなの?」をお伝えします。

フィリピン人の英語

フィリピン留学でよく心配されるのが、「フィリピン人の英語ってどうなの?」
中でも日本人は、とりわけ英語の発音を重視します。

これについて僕が言いたい!
スピーキングの基礎が固まっていないにもかかわらず、
教師の話す英語が、アメリカ英語なのかイギリス英語なのか、訛りの強い英語なのか、気にする必要は全くない。

長期留学ならまだしも、スピーキングに関しては、短期間で教師の英語に染まってしまうことはないかと。
僕自身、すらすら言いたいことを口から出せるようになるまでは周りの環境を気にし過ぎずに勉強しようと思っています。

ただ、これだけは言っておきます。
MONOLの教師陣はほぼもれなく発音が綺麗で、聞き取りやすい。
速くて聞き取れなかったとしても、何度でも言い直してもらえるので、
英語初心者の方はネイティブより、フィリピン留学の環境がおすすめです。

フィリピン留学だと、「テキストは英語?」「オリジナルテキストが心配」という方も大丈夫!
MONOLのテキストは効果的に問題の解き方を学べるような構成です。
TOEIC・IELTSの試験勉強をしたことがない人でも全く問題なく授業を受けることができます。

英語を英語で学ぶので、tense(時制)、passive voice (受動態)、subjective mood(仮定法)等、
事前に知っておかないと最初は苦労します。
文法単語の英称だけでもフィリピン留学前に抑えておくのがbetter!
フィリピン留学を考えている人は日本にいる時から英会話に関する事前学習をしておくことで、
現地到着後によりスムーズに講師とのやり取りができますよ!

 

フィリピン・バギオの治安

平和な日本に住んでいる日本人からすれば、フィリピンは銃社会で旅行者を狙った犯罪も多いイメージ。
問答無用で危ない国とみなされがちです。

しかし、マニラは別として、バギオに来てからは「フィリピン怖いなー」と感じたことは一度もありません。

あくまで僕の主観ですが、バギオはとても安全で過ごしやすい留学地です。
基本的に団体行動をするので、ひとりで外に出掛けることはほとんどありませんが、
海外にいるという意識さえ強く持っていれば、危ない目に遭うことはそうないでしょう。(警察官が所持するいかつい銃には驚きますが(笑))

バギオ留学で僕が悩まされているのは、治安よりも車酔い。
フィリピンは日本ほどインフラ整備がしっかりとされておらず、道路の凸凹加減も凄い。
車体の揺れや運転も中々激しく、山道走行はアトラクション(笑)
(ディ○ニーランドですら黒歴史レベルの酷いアトラクション酔いを経験した僕は、バギオでもよく介抱してもらっています…車に弱い人は必ず酔い止め!)

フィリピン留学での衛生・生活面

僕からするとMONOLでの生活で特に不便や不満はないのですが、
周りの意見を聞いてみると少なからずあるにはあるようなので、参考程度に注意点として紹介します。

※ちなみに、他の国籍の学生と生活をすることは、彼らの文化も受け入れなくてはいけません。
育ってきた環境が違うのでそれぞれのマナーも違います。
どうしても我慢できない場合、部屋の変更も空いていれば可能なので、頼りになる日本人マネージャーに積極的に相談しましょう(笑)

・服装

基本的にバギオの気候は日本人にとっては過ごしやすいです。
涼しくなってきた秋の気温(20℃くらい)で、冷暖房は全く必要ありません。
僕は七分丈と薄手の長袖を合わせた上着5着+コートを持参しましたが、これで暑さにも寒さにも十分に対応できます。
洗濯のペースを考えると、Tシャツと下着類は少なくとも1週間分は持ってくるのがおすすめ。

・インターネット(Wi-Fi)

Wi-Fiは滞在する部屋、食堂・ラウンジの公共スペースで無料で使えます。
公共スペースはパスワードが無いので誰でも使えますが、部屋はルームメイトとルーターを共有します。
(部屋ごとにID・PASSWORDがあります)。

そのため、Wi-Fiを使っている人数が多い時は、種々の動作が必然的に遅いことも。
そこは共同生活なので割り切るしかないですね。
天候や混雑でほとんど機能しない時間帯もあるので、その場合は公共スペースで使うようにしましょう。

・水回り

シャワーやトイレは日本と比べるとどうしても水圧が弱いです。
フィリピンでは下水管の詰まり予防で、トイレットペーパーを流すことができなかったり、
中々シャンプー・コンディショナーが落とせなかったり…。
正直、これらも慣れてしまえばどうってことないので、日本がなにもかも便利すぎるんだと思うようにしましょう(笑)

僕の部屋ではシャワーの水温調節機能が壊れて、2日間冷水を浴びる羽目になりました(泣)
オフィスに頼めば早急に修理してもらえるので、やせ我慢は絶対に止めましょう!
怪我の功名で、最新バージョンの温水器に進化し、温度設定ができるようになりました(笑)

 

・飲み水と食事

食事は以前もお伝えしましたが、今でも美味しくいただいています。

学校内にはどのフロアにも、水とお湯がでるウォーターサーバーがあります。
飲料水の確保は全く問題ないです。(水道水は飲まないように!)
間違っても初日にSMモールで、超大型のペットボトル飲料水を買う必要はないですからね(笑)


まとめ

フィリピンに行くというだけで英語よりも、些細なことが心配なのは分かります。
実際にバギオにいる僕からすると、来てみればなんてことない。
少なく見積もっても年間3万人はフィリピン留学していることから、留学の第一歩として英語を学ぶきっかけになること間違いなし。
余計な心配でぐずぐずしていると、他の国籍の学生に空室を取られてしまいます。
MONOLを卒業する学生はみな、「迷っているなら絶対に来た方が良い」と口をそろえます。

Share.

Comments are closed.