【フィリピン留学がオススメできる理由】日本で英語学習が続かないのはしょうがない。 (Kouki)

0

日本で英語を本格的に勉強したい!

そう思って仕事の合間を縫って個人で勉強したり、駅前の英会話教室に週2回通ったりした結果・・・。
全く英語を覚えられずに挫折、

自分は英語には向いていないんだぁぁあああ!(泣)

っていう経験した方いると思います。
 

こんにちは!学生リポーターKoukiです。
前述のような日本での英語学習がなぜ失敗するのでしょうか。(全ての国内での英語学習が失敗するといっていません!!)
 
自分に英語が向いてないから?英会話教室の質の問題?
両方とも違います。
ズバリ、日本での生活は英語だけに集中できない環境、だからだと僕は思います。
 
1日最低3時間は英語学習に時間を使おう!と考えても、日々の家事や仕事、プライベートの付き合いもあり1日1時間取れるかどうかも怪しい・・・。
英会話教室に通っても、英語の環境はその教室内にしかありません。 一歩外に出たら日本語しか使えません。
 
しかし、Monolではその真逆、英語だけに集中できる環境がここにはあります。

1日最低7時間も授業があったら決して言い訳はできません。
その上、日本語を話したくても、EOP(母国語禁止ルール)、学校では英語が公用語です。

そして、僕がここで留学していて一番感じた事は、Monolでは英語学習以外する必要がない!ということ。
人間、生きていたら衣食住を常にやり繰りしながら生活しなければいけません。フィリピン留学では、それを全て学校側が代わりにやってくれています。
今日はそんな勉強以外について心配しなくていい環境を作ってくれている、Monolの生活環境をご紹介します!
 
①オフィス

Monolの学校内での生活で困った事があれば全てこちらで相談する事ができます。
教科書の購入はAPMD、部屋の清掃・修理等はASD、日本人マネージャーへの相談はSRDと各部署が分かれていて、学生の生活をサポートしてくれる場所。
滞在するVISA等の手続きも全てこちらで代行してくれます。
 
主に、日本人マネージャーに用がある時、バスケットボールや卓球・ビリヤードの道具等を借りたい時に僕はオフィスを訪れます。
ちなみにですが、日本人マネージャーとの会話はEOP対象外。

学生が困っている時はしっかりと母国語で対応してもらえるので安心してください!
 

②部屋清掃・ベッドシーツ交換サービス 無料
Monolでは1日前に申し込めば、お部屋の清掃と、ベッドシーツの交換を依頼する事ができます。
どれだけ部屋を綺麗にしよう!と思っていても、ただでさえ難しい共同生活。
僕の住む6人部屋など複数人部屋では他の生徒の物もあって、まとめての掃除が難しいです。
ルームメイトの国籍も違うので、部屋の汚さでストレスが溜まる事も・・・。

 

そんな時に部屋の清掃サービスが非常に便利! ゴミ箱に溜まったゴミの撤去や掃除機もかけてくれます。
ただし、清掃中には必ず1人は部屋で立ち会わなければいけません。僕らの部屋ではローテーションで立ち合いをして2週に1回依頼をしています。
またベッドシーツの交換は2週に1回が依頼可能! 綺麗に洗濯されたベッドシーツで眠れます。睡眠の質も大事ですもんね!

 

③ランドリーサービス

洗濯も学校からのランドリーサービスがあるので自分たちでする必要はありません!
衣類を預けて2日後の午後には受け取る事ができます。 特に枚数や重量制限がないので1枚から洗濯を依頼することも可能…。

こんなにも大きい業務用洗濯機で洗濯されています! ランドリースタッフの方と比較すると大きさがわかるでしょうか?(笑)
またここでは洗濯、乾燥だけでなく綺麗に衣類を畳んで返却してもらえます。

もし、高価なモノや預けたくない衣類があれば、学校屋上の無料セルフランドリーでも自分で洗濯することが可能です(洗剤は各自用意)。
5ペソ(約12円)で利用できる乾燥機も設置されているので天気があまり良くない時に便利!
物干し竿は、屋上にも各部屋にも設置されているので天気が良ければ屋上で天日干し、部屋の除湿器を使って部屋干しもできちゃいますね。
 

④警備・ガードハウス

ここでは24時間体制でガードマン(警備員)が在中。
ガードマンは建物内の巡回もしてくれていて、Monolのセキュリティを彼らが守ってくれています。
そして外出する時には必ずこのガードハウスの前を通らなければいけません。門限もここでバーコード管理されているので、1分たりとも遅刻できません!(笑)

15分以内の遅刻でも4時間、1時間遅刻でもすれば32時間の週末セルフスタディがペナルティとして加算されます・・・。
 

⑤食事・キッチン

土日平日問わず毎日3食、バイキング形式で提供してくれます。
土日の食事提供がない学校もあるので、週末にMonolに籠って勉強したい学生には嬉しいですね!

Monolに来る前は、韓国資本の学校だし韓国料理ばかりであまり食べられるものはないのかなぁ…と思っていたのですが、全然そんな事はありません!

毎食違うメニュー、そしてなんといってもMonolでは新鮮な野菜がだされます。健康志向の学生さんには最高ですね。 ただ、ドレッシングのレパートリーは多いですが、コチュジャン、韓国味噌、ラー油等々とあまり馴染みのないモノも多いので、日本から胡麻ドレッシングを持ってくる事をおススメします!

 

Monolには、英語だけに集中できる環境があります。
現役大学生の僕ですが、日本に居た時よりも断然、勉強している気がします。
それはMonolの様々な部署のスタッフが学生の生活面を支えてくれているから、英語学習に集中できる環境が形成されています。
そしてESLコースなら、最低でも7時間以上の授業。

「忙しいから・・・」「英語を使えるところがないから・・・」
 
ここでは、日本にいた頃の言い訳は本当に通用しなくなるぐらい、英語だけに集中できる環境です。
あえて留学に来て自分を追い込んでみるのも良い選択かと思います! それでは!

Share.

Comments are closed.