新プログラムが凄い!極上プレミアムコース「LEAP Program」

0

こんにちは、Davidです。

今回は、MONOLが2018年3月から新しく導入した新プログラム!
「LEAP Program」についてお話しします。

実は!
僕がこのLEAPプログラムの第一期生。

もともと最後の学期はビジネス英語コース(就業過程)を予定…

しかし!

ちょうどMONOLがそのときにLEAPプログラムを導入することを知り、
その内容が、まさに僕の英語学習にぴったり!だったので急遽挑戦してみました。

 

プログラム概要


LEAP Program(Learner-focused, Exclucive, Accelerated english competency Premium Program)は、MONOLが今年の3月から導入したプレミアムコースです。

5時間のマンツーマン授業+1時間のコンサルテーションで構成されます。
※コンサルテーションの詳細は後ほど。笑

プログラム最大の特徴は、「自分でカリキュラムをカスタマイズ」できること。

LEAPコース生は1人の生徒につき、1人のメンター(担任講師)が設定されます。
メンターは、MONOLの中でも選りすぐりの講師が選ばれます。
コース受講前にまずはこのメンターと面談をします。

  • 現状の英語力について
  • どのような状況で英語を使いたいのか
  • LEAPを受講して何を学びたいか
  • 達成したい目標はなにか

 

それぞれの情報や意思の共有をもとに、マンツーマン授業(5時間)の科目をどのように構成するか、
メンターとよく話し合います。
メンターは面談すべてを総合し、マンツーマン授業科目と担当講師(コメンター)を決定します。

(注意)
このプログラムはすでにMONOLで学んでいる在校生が対象です。

入学する前に面談をして、新入生が初学期からLEAPプログラムを受講することはできません。
最短で入学2週間後から受講が可能です。

 

授業内容

LEAPプログラムでは、学生それぞれの細かいニーズに、可能な限り幅広く、深く対応してもらえます。

  • スピーキングだけを学びたい ⇒ 発音・スピーキングに特化した科目だけの組み合わせ
  • 医療系の英語が学びたい ⇒ 医療系英語に特化したオリジナル科目
  • TOEICのLRとSW試験対策を同時にしたい ⇒ 既存のLR科目とオリジナルSW科目の組み合わせ
  • TESOL対策がしたい ⇒ 既存コースにはないオリジナル科目

こうして様々なコースから科目を選択してミックスしたり、
オリジナル科目までつくってくれちゃうのがLEAPプログラムの凄いところ!

 

実際に僕がマンツーマン授業(5時間)で学んでいる科目一覧がこちら☟

  • Job Interview (英語面接準備):Business English Pre-Enployment(ビジネス英語就活過程)コース
  • CV/ Resume(英文履歴書対策):Business English Pre-Enployment(ビジネス英語就活過程)コース
  • IELTS Speaking:Regular IELTSコース
  • Human Resources(人材開発)(2時間):オリジナル科目

※Job interview科目の模擬面接の様子。
目の前にずらっと並ぶビジネス英語コースの先生達からの質疑応答…
ビデオ撮影されているので緊張します。笑

 

僕は留学が終わったあとに転職したい企業があります。
その企業は、組織・人材・行動分析を調査、アドバイスが主の外資系企業なので、
LEAPプログラムを受講するにあたって、オリジナル科目であるHRを熱望。

僕のメンターであるElmerは、大学院でHRを専攻していたという理由から、HRの内容はもちろん、
英語力の向上も重視したカリキュラムを作成してくれました。

  • 雇用に関する訴訟問題の判例を英文で読む
  • MONOLで実際に使用されている本物のフィリピンにおける雇用契約書(英文)を読む
  • 海外の報道番組を閲覧・ディスカッション
  • MONOLの人事部にインタビュー調査
  • 人材教育トレーニングの設計を考える

テキストの内容に加え、様々なアクティビティが盛り込まれています。
Elmerが大学院で実際に学んだ形式に習って、僕のためだけにつくられたカリキュラムです。

間違いなく他の学校では絶対に味わえなかっただろう、僕には本当に興味深い、特別な授業でした。

※人事に関する訴訟判例。

難しい…かなり実践的かつ本格的すぎるReading(笑)
人事の勉強と英語学習を同時に行う視点を常に意識して、
メンターがカリキュラムを作ってくれたそうです。
※人事に関連する項目として、モチベーション理論も勉強しました。
実際に、現地の大学院で使われている教科書と同じ内容で非常に勉強になって、とにかくお得感が凄い。。

※右からHR科目のElmer(メンター)、IELTS Speaking科目のBrenda、
Job interview, CV/Resume科目担当のJoenerです。

 

LEAPプログラムは、MONOLを代表する優秀な講師陣で揃えられ、
他校であればヘッドティーチャー級の指導力を誇ります。

  • メンター(担任講師)
    毎日の面談を通して、現状の学習状況を把握、一緒に共有してくれます。これがコンサルテーションです。
  • コメンター(担当講師)
    授業が終わるごとにその日の進捗、良かった点、改善点を1枚の紙にまとめてくれます。

コメンターが作成したフォームをベースに、その日の振り返りと
明日から注力すべき点の確認をメンターと行います。
これが1時間のコンサルテーションです。

 

特に週の最終日である金曜日は1週間分の振り返りを行い、
必要に応じて、次の週からの授業内容を修正します。

例えば、1週目で発音矯正の指摘を多く受ければ、2週目から授業内容に発音を加えるといった、
臨機応変な修正です。

※毎時間コメンターが作成してくれるコンサルテーションフォーム

 

受講感想

個人的には、このLEAPプログラム、控えめに言って「最高」です。

既存のカリキュラムだけではどうしても自分に合わない、
それほど必要ではないかな…なんて科目も受けざるを得ないことはどの学校に行ってもありますが、
このコースは、自分にとって絶対に必要、自分が受けたい授業だけなんです。

つまり、

自分から興味を持って、前向きに授業に取り組めるということ。

その姿勢は間違いなく、授業内容の吸収度に大きく影響します。
このプログラムの最大のメリットは間違いなく、オリジナルカリキュラムへの学習意欲です。

 

コンサルテーションもかなり効果的
毎日自分の学習進捗を確認することは大事だとわかっていながら、
いざ一人ではなかなか実践できませんよね…。
メンターがいるからこそ、毎日きちんと行うことができたのは、僕の英語スキル向上に大いに役立ちました。

 

オリジナルの授業も最高
単純にテキストに沿った授業ではなく、様々なオリジナルアクティビティで学ぶことで、
興味関心を持続できたことはもちろん、
学んだことが印象にも強く残り、学習効率も非常に高かったです。

ただ、これはHRを専攻していたElmerが僕のメンターだった部分もあります。
そういう意味では、何を学びたいのか、そして、
それについてのテキストや資料が用意できるか専門分野の講師がLEAPに在籍しているか
といった様々な要素が影響します。

 

まとめ


以上、LEAP プログラムの概要と僕の授業内容、そして感想でした。

簡単にまとめると大きなメリットがこちら☟

  • 自分でカリキュラムを好きなように構成できる!
  • 既存コースにはない科目をつくってくれる!
  • コンサルテーションを日々行うことで学習進捗を毎日意識できる!
  • 専門分野の優秀な講師陣からの指導!

というわけで、非常にオススメのコースです!

  • 重点的に何かを学びたい
    (例:Speaking、Writingなどの特定分野を改善したい!)
  • 明確なターゲットがある
    (例:海外で医療系の仕事がしたい!)

そんな方には特に強くオススメします。

  • 総合的に英語力を上げたい
  • IELTSスコアを伸ばしたい

逆に、既存のコースで勉強すれば目標を達成できる方は、わざわざ選択するプログラムではないです。

フィリピン留学で英語を学びたいけど、もっと専門的な内容で既存コースでは対応できない!
対応できる学校もない!自分だけのためのカリキュラムで深く学びたい!

そんな方は、ぜひMONOLの新プログラム・LEAP Programの受講を検討してみてください!

Share.

Comments are closed.