【2か国留学】英語学習の最初のステップはフィリピン・バギオ留学がオススメ

0

バギオで英語学習に集中するべくMONOLに来て早3か月がたとうとしています。

フィリピン留学を検討している方は、ここに来る前の私と同様、すべての人がそう思うように、
英語を第2言語として使用している国(フィリピン)に語学留学することに対して、ネガティブな印象を抱いているのではと思います。
今回は、なぜ私が本来考えていたアメリカへの留学ではなく、ここバギオのMONOLで英語を勉強しようと決めたのか、ご紹介します。
 

まず、MONOLは、フィリピンで「夏の首都」と呼ばれるバギオ市に位置しており、バギオは高山地帯でフィリピンとは思えない涼しさが有名です。
バギオの気温はマニラやセブ等に比べると7-8℃低く、1年の最も暑い時期でも最高気温は26℃を超えません。
私がなぜバギオを留学地に選んだのか、そのひとつめの理由は、この英語学習に適した快適な気候です。
 

ふたつめは、バギオは遊べる場所が少ないということです。
クラークやセブ、マニラと比べて、バギオは、カジノやギャンブル、歓楽街等、学生が勉強をするうえで邪魔になるような場所がかなり限られています。
そのため、バギオは留学地にふさわしく、なおかつ、クラークやマニラのように学生が使う交通機関・タクシーでのぼったくりもないほど、学生に優しい街、教育都市といわれる所以なのです。
 

ちなみにですが、MONOLの留学費用は、私が考えていたアメリカ(ミズーリ)への費用の3分の1ほどの安さ…本当にコストパフォーマンスに優れています。
 

最後に私がここを選んだ理由、MONOLの英語環境について。
多くの学生は、英語を勉強するのに最も良いのは欧米へ行くことだと思っているのではないでしょうか。
ただし、多くの人がそう思うように、欧米には実際のところ、多くの日本人がいるのも事実なのです。

フィリピン留学でも同じです。
日系の語学学校は日本人生徒ばかりです。
MONOLのように韓国系の学校がいいのは、様々な国の学生がいて、彼らとコミュニケーションをとるには無条件で英語で話さなければいけないということ。
フィリピン留学ならではのマンツーマン授業を活用したり、授業以外にも英語に触れている時間が長ければ長いほど語学は伸びます。
ここでは毎日最低でも10時間英語を勉強するのは当たり前で、それ以外の時間でも英語に触れている環境があります。
英語が伸びないわけがないのです。
 

この3か月を通じて、バギオ、そしてMONOLを選んだ私の決断に間違いはなかった、フィリピン留学を検討している人には心からここで英語を伸ばしてほしいです。おすすめです。

Share.

Comments are closed.