バギオトップの施設充実度

0

MONOLは創立以来、安全、清潔、そして安心できる場所として、全ての学生が学習に集中できる環境を維持してきました。日本では当然のインフラですが、フィリピンの英語学校の中には建築基準を守っていなかったり、火災予防設備や訓練を受けていない施設が多数あるのが現実なのです。

フィリピン留学を考える日本人学生さんが見落としがちな部分ですが、フィリピンでも災害がない訳ではなく、こうした根本的な部分も必ずチェックしてほしいところです。

 

01-meals

朝、昼、夕食で真心のこもった、体に良い食事を学生の方々に提供することは、学校の重要な役割です。それぞれの食事はフィリピン料理が多く、毎日新鮮な生野菜10種、果物、肉・魚類などからなる様々なメニューがバイキング形式です。

010-meals

フィリピンでは体調を崩すことはよく起こりうる事態です。そんな時に気軽に訪れることのできるクリニックと専属の看護士が平日8時から24時まで常駐しております。

医師はこちらにおりませんが、常勤の看護士が医師や歯科医の予約を取ることができ、体調を崩された学生の付き添いも行っております。ビタミンやフィリピンの薬も無料で提供されています。

060-clinic

MONOLでは業者委託による細菌混入を防ぐために、自社で浄水、飲料水を確保しています。校内での食中毒を防ぐために施設を設置しました。

020-water

バギオ市役所の火災防止課からの指示に従って、当校では万一の火災事故を防ぐための必要な設備基準をクリアしています。防火設備はもちろんのこと、従業員は市役所の火災防止課による定期的な指導と、学生とともに避難訓練を行っています。

030-fire-safe

学生の安全を守るために、専属警備員が3シフト制で24時間見回りをしています。また、100メートルの距離には交番があり、地域の犯罪防止のために午後9時には、全ての売店やレストランが閉まります。

040-secu

フィリピンは3~4ヶ月ほど続く雨季で有名ですが、バギオは大型の台風に見舞われることもしばしばです。その際には、地域全体で数日から1週間にも及ぶ停電が発生します。MONOLでは、リスター・ペッターと呼ばれるディーゼルガスによる広範囲での発電機によって停電時の電力供給に備えています。24時間体制で停電後30分以内に自動で発電します。

050-generator

 

 

無料でご利用頂けるフィットネス施設:

ヨガルーム、ジム、サウナ、ゴルフ

全てのMONOLの施設は、学生の皆様が無料でお使い頂けます。ジム、ヨガルーム、サウナは、毎日ご利用になれます。ヨガ、ピラティス、ズンバの講師、ボディビルやボクシングの講師もおり、ナイトクラスとして選択することができます。

無料の レクリエーション施設:

ビリヤード、卓球、バドミントン、バスケットボール、フットサル、AVR、BBQスペース

MONOLのレクリエーション施設は様々で校内にはバスケットボールコートがあり、バドミントン、フットサルなどをお楽しみいただけます。卓球とビリヤード、ダーツが楽しめるレクリエーションルーム、オーディオルームは大音量で映画を楽しみたいという学生にお使い頂けます。

Share.

Comments are closed.