週末スクールトリップ

0

MONOLでは、旅行やアクティビティでの英語もフィリピン留学のひとつの経験になるという信念のもと、様々な週末スクールトリップにおいて、学生が新しい文化や興味、発見を知ることができるよう努めています。

MONOLの週末スクールトリップは隔週の週末に行われており、土曜日と日曜日で別の目的地へ向かいます。サーフィンやアイランドホッピング等、長距離の移動が必要となる、バギオでは通常難しかった様々なアクティビティをMONOLの学生は簡単に楽しむことができています。

最初のスクールトリップの目的地は、La UnionのSan Juanで、バギオから2時間ほど離れた観光地ですが、学生は1時間400ペソという破格の値段で、インストラクターからマンツーマンでサーフィンを学ぶことができます。San Juanはサーフィンにうってつけの大きな波があるビーチとしてフィリピンでも大変有名な観光地です。

次のスクールトリップ先は、バギオで有名な温泉です。MONOLからは30分から45分ほど離れたところにあります。

バギオから少し離れると、PangasinanのAlaminosに位置するHundred Islandsにてアイランドホッピングを楽しみました。ハンドレッドアイランドはフィリピンの国立公園で、123にも及ぶ島が集まり、洞窟や白い砂浜が観光客を惹きつけます。アイランドホッピングの他に、3つの大きな島があり、ダイビング、シュノーケリング、カヤックやジップライン等のアクティビティが楽しめます。

ハンドレッドアイランドから1時間ほど離れたところにあるのが、PangasinanのBolinaoで、真っ白な砂浜や滝、洞窟、何千年にもわたって珊瑚で形成された壮大な景色も楽しむことができます。

砂浜やマリンスポーツ等、フィリピンらしいアクティビティの他にも、バギオではユネスコ世界遺産の街Viganにも訪れ、フィリピンの歴史的な背景を肌で感じました。Viganはコロニアル建築で有名な街で、新世界七不思議としても認知されています。ここでは、学生がCalesaと呼ばれる馬車にのって、街のシンボルとなる教会やビルなどを訪れることができます。

MONOLの週末スクールトリップは始まったばかり。今後は、フィリピン北部のさらに遠い地域への旅行も計画中です。次の週末には、Sagadaの洞窟探検やPinatubo火山の色とりどりのクレーターをトレッキングする予定です。フィリピンならではのアクティビティを経験できるバギオで、MONOLのスクールトリップへの参加をお待ちしています。

Share.

Comments are closed.