学生規定

スパルタシステムを採用する当校は、生徒の健全な学習環境を維持する為明確な規定、ルールを課しています。

I. ドミトリー・ポリシー

  1.  学生の皆様は、モノールにおられる間、体力を節約して、部屋を出ら れるときは、水道を閉めて頂いて、テレビ、電子機器、照明灯、電気 などを消して頂きます。
  1.  部屋を出られるときは、鍵を閉めてください。いつも鍵を携帯してい るか確認して頂いて、鍵をもし失くされた場合、500ペソをお支払 い頂きます。
  1. 火器の持ち込みは原則禁止です。マッチ、調理器具、電気毛布などです。火災報知機、消火器、避難出口は各階に備え付けてあります。電気毛布の使用は可 能ですが、使う前にCMDまでお届けください。届出がなく使用された場合、ペナルティがあります。
  1. もし他の部屋が空いていれば、移ることも可能です。部屋の移動などは2週間毎に可能です。
  1. 他の学生の部屋に入ることは原則禁止で、もし同姓の部屋に入った場合、週末に16時間の自己学習のペナルティ、異性の場合、32時間の自己学習と2 週間外出禁止のペナルティが課されます。また酒類の持込も2週間外出禁止のペナルティが課されます。
  1. 部屋の中での喫煙は禁止です。8週間の週末自己学習ペナルティと消化するまで外出禁止のペナルティが課されます。.
  1. 飲酒は校内では禁止されていて、部屋内での飲酒が発見された場合、32時間の自己学習、2週間の外出禁止のペナルティが課されます。
  1. 個人的な貴重品などの私物、財布、携帯電話など及び電子機器、現金などの紛失、盗難にはこちらでは責任を持ちません。管理にはお気をつけください。ご 希望があれば、CMDオフィスでお預かりします。校内の資材を破損した場合、決められた金額をお支払い願います。

 

 II. サービスへの申し出 (ASD)

a) ランドリー

  1. 申し出られる時間帯は、

月曜-金曜 : 07:00-13:00

  1. 最低でも20着の衣類をまとめて申し出てください。靴下1ペアも1つと数えます。
  1. 全ての衣類は洗濯機で洗われます。手洗い用の傷つきやすい衣類は含めないでください。
  1. 洗濯の終わるのは2日後です。お受け取りのスケジュールは下記の通りです。

月曜-土曜 : 14:00-17:00

  1. 問題を避けるために、受け取りの際に衣類を全てご確認頂くことをお薦めします。
  1. ランドリーのタグを失くされると、罰金が35ペソかかります。
  1.  火曜、木曜、土曜は、朝7時からお昼12時まで乾燥のサービスのみでも可能です。 個人的に洗濯をされる場合、屋上の洗濯エリアがご利用になれます。

 

b) 修理と変換

  1.  水道、シャワー、トイレ、電球、テレビ、DVDプレーヤー、アダプタや照明灯が故障した場合、修理がなされます。
  1. 平日の朝8時から午後5時までにASDまで申し出ていただいて、補修の担当のものが伺います。
  1. 修理の際には、皆様にお立会い願います。

 

c) お部屋の清掃とベッド交換 

  1. お部屋の清掃はASDまで平日の朝8時から午後5時までに申し込みが可能です。
  1. ベッド交換の申請は、毎週月曜のお昼12時に行われます。通常のベッド交換は2週間ごとにあります。
  1. ベッド交換、清掃の際にも、お部屋の方一人にお立会い願います。問題が起こるのを避けるためです。
  1. もし休憩時間がない場合、もしくは昼食時の場合は、SRDオフィスの者が代わりに立ち会います。
  1. 清掃の者は10分程度、皆様をお待ちしますが、もしおられない場合、立ち去ります。また、別のスケジュールに申し出て頂きます。

当校は、学習環境を保持し、改善するためにペナルティを設けています。そのペナルティは、週末の自己学習や卒業時の支払いによって補うことができ ます。集められたペナルティは、ペナルティ・パーティや様々なアクティビティ、学生の皆様に必要なもののために使われます。

A. レギュラークラス

  1. 平日の朝8時から午後5時まで通常の授業が行われます。
  2. 通常授業の欠席で受けたペナルティは、週末にまず消化しないと外出は禁止です。残り1週間を過ぎた学生の方は、なるべく授業に出て、欠 席してペナルティをかせがないようにしてください。卒業時にペナルティは支払いによって、払われます。

 

B. 週末のセルフ・スタディ

  1. 週末のセルフ・スタディは、土日の午前8時から午後5時までほか、金曜の夜9時から12時までの間、SRDに話して頂いて行うことができます。
  2. 週末のセルフ・スタディの部屋も、SRDのスタッフに空き部屋をチェックして頂いて、部屋を移ることができます。
  3. ペナルティの重さによって、週末のセルフ・スタディの時間は伸びます。
  4. 週末のセルフ・スタディの申し込みは、木曜日の午後1時から金曜日の午後1時までにB3掲示板に申請してください。B3掲示板でスケジュールを チェックしてください。
  5. 週末にセルフ・スタディをしている学生は、以下の理由で1時間のセルフ・スタディ・ペナルティが課されます。(寝ている、パソコンで遊んでい る、携帯を使っている、セルフ・スタディの部屋を無断で移った)

 

C. 追加のクラス(文法とディスカッション)

  1. 文法、ヨガ、ゴルフの授業への申し込みは、平日の朝8時から午後5時までです。
  2. (ディスカッションクラス-現在の学生)申し込みは、火曜日午後1時から金曜日午後3時までです。

(ディスカッションクラス-新しい学生)申し込みは、入学から初めの週の月曜午後5時から火曜午後3時までです。

  1. 追加の授業のキャンセルは、平日いつでも受け付けていますが、次の週からキャンセルされます。次の週までの授業に欠席された場合には、ペナルティが課されます。
  2. 追加の授業の欠席も通常授業と同じようにペナルティが課されます。
  3. 追加の授業は、学期が終了すると同時に無くなります。希望される場合は、また申請して頂きます。

 

D. 夜の授業

  1. 夜のクラスをセルフ・スタディの代わりにお取り頂きたい方は、TOEICスピーキング、IELTSスピーキング、ビジネス英語の就職面接練習 からお選び頂きます。
  2. 追加で申請される場合、現在履修している学生は、学期の最後の週の火曜午後1時から金曜午後7時までにご登録ください。初めの週の月 曜日から始まります。新しく履修される学生は、月曜午後5時から火曜午後3時までにご登録ください。火曜日から始まります。取り消しは、1 週間後になされます。学期の終了時の取り消しは自動的になされますので、再申請してください。

 

E. 怠慢

  1. 教師は15まで特別に待ちます。
  2. 15分以上遅刻した学生は欠席とみなされます。
  3. 3つ以上の怠慢行為は、1つの欠席とみなします。
  4. ペナルティ消化のセルフ・スタディは、5分以上の遅刻で欠席です。

 

F. 欠席と免除

  1. お体の悪い場合にクリニックで看護士にチェックを受けられる場合、看護士の用紙を持っていると1時間の間、クラスを免除されます。その間、クリ ニックでお体の状況を看護士が見守ります。医師や歯科医にかかる場合、医師や歯科医の証明書が必要ですが、授業は免除されます。
  2. 平日の授業の欠席は、週末の1時間のセルフ・スタディ・ペナルティが課されます。セルフ・スタディの時間のペナルティと違い、週末に取り除かれる までは週末の外出が禁止されます。
  3. 累積された平日の欠席のペナルティは、その週の週末に消化して頂きます。さもなければ、外出が許可されません。
  4. 残り2週間の学生は、最後の週末にペナルティを終わらせて頂きます。
  5. ペナルティを支払いで済ますことはお薦めされません。もし、週末にお時間がないか、卒業時の場 合に認められます。

 

G. モノールの資材

  1. 許可なくモノールの資材を外へ持ち出してはいけません。
  2. もし、資材を損害した場合、修理や交換の費用を頂きます。APMDオフィスで相当のお支払いをして頂きます。
  3. 皆様は紛失や損害に責任を持ちます。
  • IDカード(60ペソ)
  • ランドリーのタグ(35ペソ) )
  • 部屋の鍵の紛失(500ペソ)
  • 鍵の損壊(50ペソ)

 

H. IDカード
校内ではIDカードを携帯して頂きます。もし携帯していなければ、1時間の週末セルフ・スタディ・ペナルティが与えられます。

許可なく校内を出た学生の方には、32時間の週末のセルフ・スタディ・ペナルティが課されます。フリ ーフライデイ、土曜、日曜に門限を破った場合、学校には入れますがペナルティは何時間、門限に遅れ たかによります。日曜日もCMDマネージャーの許可がなければ、午後9時までにお帰りください。月 曜日の朝に戻った場合、32時間の週末の自己学習と2週間の外出禁止です。

門限:

平日: 月曜から金曜 21:00-05:00
フリーフライデイ(学期の4週目) 24:00-05:00
土曜日 24:00-05:00
日曜日 21:00-05:00
日曜日:次の月曜が授業日でない場合 24:00-05:00
祝日:次の日が授業日でない場合 24:00-05:00
祝日:次の日が授業日の場合 21:00-05:00

 

I. 学校を出られる際(リーブ・パス・フォーム)

  1. 平日、学生は休憩時間及び17:00~21:00間外出が可能です。(30分限定)
  2. 授業の欠席ペナルティ、外出禁止ペナルティ、ナイトクラス及び追加授業がない場合、平日17:00~21:00の間、SRDにLEAVE FORMを作成した後、外出することが可能です。
  3. 必ずSRDオフィスにLEAVE FORM作成しないといけないです。未申請で外出したら無断外出とみとめられ32時間週末セルフスタディー、2週間外出禁止、2週間お酒禁止のペナルティが与えます。
  4. 外出時間は最大4時間でもしLEAVE FORMに書いた時間より遅かったり、21時以後入ることになると、これに相応する時刻ペナルティが与えます。
  5. 平日外出時間にお酒は禁止です。お酒飲み、もしくは単純な同席でも32時間週末セルフスタディー、2週間外出禁止、2週間お酒禁止のペナルティが与えます。

門限の規則

遅刻の時間 ペナルティ
1-15分 4時間の週末セルフ・スタディ
16-30分 8時間の週末セルフ・スタディ
31-60分 16時間の週末セルフ・スタディ
60分以上 32時間の週末セルフ・スタディ

 

II. ご旅行のルールと規則(トリップ・パス・フォーム)

  1. 週末と祝日に限って、バギオの外の場所を訪問することができます。授業欠席のペナルティ、スペシャル・ペナルティがある場合でも、CMDに3日前 までに提出して頂ければ、旅行が学期中、一回に限り可能です。
  2. 学期の最終週の金曜日午後5時から日曜の門限夜9時までにお戻り頂ければ、外出ができます。
  3. 最長で5日まで、CMDマネージャーを通して、両親や保護者の許可を取ってください。
  4. 日曜の門限までにお帰りいただけないと、ペナルティが発生します。
  5. トリップ・パス・フォームに記入した期間内にすでに学校へお戻り頂いた場合、期間中のパスの再発行はできかねます。

I. 校内では

a) 清潔さと喫煙

  1. 学生の皆様は、校内の清潔にも気を配って頂きます。ゴミはゴミ箱にお入れください。所定の場所以外での喫煙は、8時間の週末セルフ・ スタディ・ペナルティです。
  2. お部屋の中での喫煙は、8時間の週末セルフ・スタディ・ペナルティです。
  3. つばを吐くのもゴミ箱にしてください。他のところでつばを吐いていた場合、ごみを投げ捨てた場合も、8時間の週末のセルフ・スタディ・ ペナルティが課されます。
  4. 喫煙は所定の喫煙所でお願いします。もし規則に違反した場合、8時間の週末セルフ・スタディ・ペナルティが課されます。これらが喫煙所 です。
  • バスケットボールコート
  • ドミトリー階と教室階のベランダ
  • コーヒーショップの前

b) 飲酒

  1. 校内での飲酒は禁止です。平日に校内での飲酒は禁止ですが、フリーフライデイと週末は校外での飲酒は認められます。室内などで、飲酒 の場に同席した場合、仮に飲酒していなくてもルームメイトが飲酒をしていれば、ペナルティが同様に課されます。

c) 礼儀

  1. 他の学生や教師、従業員への無礼な行為は禁止です。
  2. 卑猥な行為も禁止です。キスや性的な行為も禁止です。
  3. モノールの従業員との恋愛関係も禁止です。
  4. 校内での博打は禁止です。

 

II. 住居内では

  1. 他の人々に迷惑をかけず、整理整頓をし、清潔を維持してください。
  2. 盗難、ケンカといったことがないよう気をつけてください。それらは、厳しく禁止されています。他のルームメイトや人々に気をつかってください。
  3. 校内の資材は、大事に使って頂いて、もし破損した場合、ASDにご申請ください。
  4. 他の学生、近隣住民のために、午後10時から明朝7時まではお静かに願います。
  5. 火災予防のため、お部屋のなかでは、ガスバーナーや調理器具の使用は禁止されています。(電気毛布の使用は可能ですが、CMDオフィスで許 可を取った上で、ご使用ください。許可なくお使いいただくと、8時間のペナルティが課されます。)
  6. 他の人の部屋へ入ることは禁止されています。もし入った場合、同姓の部屋の場合、16時間の週末自己学習のペナルティ、異性の部屋の場合、
    32時間の週末自己学習ペナルティと2週間の外出禁止、飲酒も2週間禁止です。
  7. ルームメイトとは、ためらわずにコミュニケーションを取っていただいて、問題が起こるのを避けてください。もし何か関心事があれば、ご遠慮な くCMDかSRDまでお届けください。

*こちらでは、CCTVの映像を週に3回、ランダムにチェックしております。

 

III. 授業時間帯

  1. 教師に礼儀を正しくして頂いて、クラスメイトとも仲良くしてください。
  2. ペナルティを課されないように、授業の時間には遅れないでください。
  3. 教室内での食事は禁止です。次に使う方のために教室内を清潔に保ってください。
  4. 教師に質問をすることをためらわず、授業の内容やアクティビティなどを理解できない状況を避けるために、遠慮せずに訊いてください。さらに、 皆様の英語能力の発達のために、批判や訂正に耳を傾けてください。
  5. 教師に個人的なお願いをしないでください。
  6. 健康に気を配り、衣類は過度に露出したもの着用しないでください。

 

IV. 規則的な行動

ペナルティや制裁は、その違反の軽重や頻度によって変わります。それらは、他の人の部屋への進入、無断での外出、校内での飲酒などです。規則を 破る行為には、3段階の懲戒処分があります。

  • 16時間の週末セルフ・スタディのペナルティ
  • 32時間の週末セルフ・スタディのペナルティ、2週間の飲酒、外出が禁止
  • 学校からの放逐 もし、こういった事態が起こった場合、もう起こらないよう誓約書を書いていただきます。

 

V. 強制的な放逐

これらの罰則を犯した学生には去って頂きます。

  1. 校内への麻薬・ドラッグの持ちいれ。
  2. 学校の資材を盗む。他の学生の所持品を盗む。
  3. ケンカなどの無礼な行為。
  4. 他の学生の部屋に頻繁に出入りする。
  5. 許可なく学校から外出することを繰り返す。
  6. 校内での飲酒を繰り返す。
当校は生徒のニーズに合わせて学習プログラムを変更する機会を与えています。
もし生徒さんがコースの変更を希望した場合:滞在の延長または短縮:キャンセルをする場合は学生課に申し出て規定のプロセスを経なければなりません。
これらはクラスや寮の割り当ての際に言い争いや不便を避ける為に非常に重要です。

A. コースの変更

  1. 学期ごとの最終水曜日までにCMDマネージャーにプログラムやコースの変更を申し出ます。コース変更の申し出期限は、最終水曜日の午前12時までです。
  2. コースを変更されます場合、課金と返金がございます。申請書を作成後、銀行口座を通じて課金と返金が行われます。

B. プログラムの延長

  1. 最低でも4週間からプログラムの延長が可能です。
  2. 2.学費のお支払いは、選択しているプログラムが終了する3週間以上前にお申し出てください。
  3. 延長の許可に関しましては、空き部屋の状況によっても変わりますので、なるべく早くお伝えくださることが薦められます。

C. コースのキャンセル

  1. フィリピン国内での学習プログラムのキャンセルは、CMDマネージャーを通して行われます。
  2. まだ学習プログラムに入っていない方は、到着から1週間以上前までならキャンセルが可能です。
  3. プログラム途中でのキャンセルも1週間以上前には行ってください。
  4. プログラム延長のキャンセルは、1週間以上前までには、CMDマネージャーにお届けください。
  5. 返金の方法に関しましては、ページ38、項目7をご参照ください。