フィリピン留学 する前、必修チェックリスト

マンツーマン授業中心と格安の学費が最大の特長であるフィリピン留学は、ここ数年で多くの日本人留学生及び英語学習者に認知され、その数も急増しています。その証拠に、昨年は留学者数が初めて5万人を突破し、今や、欧米留学・ワーキングホリデーの前段階として、特に英語初心者からの人気が急上昇しています。フィリピン留学を最初に広めたのは、韓国資本の学校でしたが、現在では、日本資本を含めた新しい学校がセブを中心に続々参入し、大小様々な規模の学校が乱立しているというのが現状です。その結果、学校側は過度な競争を強いられ、また、学生は、400以上あるといわれるフィリピンの英語学校の中から自身に適した学校を選ぶことに多くの労力をかけざるをえなくなっています。

フィリピン留学の人気が上がるや否や、授業や施設のクオリティー以前に、「格安」のみを売りにする学校が台頭しています。その影響で、留学を検討する学生は、「フィリピン留学=安い」という印象のみを強く持ち、「いかに学費を安く済ませるか」を最優先にします。それでもトータルにすると、決して安いとは言えない学費を支払い、実際にフィリピン現地に到着してみて初めて、きちんと指導されていない実力不足の教師や、清潔さに欠ける施設、フリートークに何時間もかけるようなカリキュラムの無い現実を目の当たりにし、人生の貴重な時間を無駄にしてしまうのです。

つまり、フィリピン留学の成功の鍵は、何をさておいても「学校選び」にかかっているのです。

フィリピン留学は、基本的に寮と学校が同じ敷地内に建てられます。学校内で勉強も宿泊もするのです。つまり、1日のほとんどの時間をひとつの建物で過ごすこととなります。そのため、学校を選ぶ際には、総合的な視点から行わなければなりません。授業も、生活も、すべてがひとつの空間で行われるというのに、どれひとつとっても満足できなければ、留学自体に支障をきたす恐れがあります。仮に授業の質が良かったとして、酷い施設で3ヶ月近く勉強を続けることは難しいでしょう。反対に、施設は最高とうたっていても、実際にカリキュラムのない学校で最大限の英語学習、満足する結果は得られないでしょう。

英語学校を選ぶ際に、最初にチェックしなければならない点はまさに、カリキュラムと学校の歴史、そして、学生の管理です。なによりも、英語力の向上を最優先にしなければなりません。その次に、生活する寮の施設面です。過ごしてきた環境が全く違うルームメイトとひとつの部屋を使うようになるのです。プライバシーをどれほど守りながら生活ができるのか、部屋は清潔なのか、必ずチェックしなければなりません。そして、体力を維持するバランスの取れた食事メニューが提供されているかについても、ぜひ確認していただきたいです。毎食提供されるご飯が美味しくなければ、体調を維持しながら勉強することが難しいためです。前述の通り、成長著しいフィリピン留学ですが、日本人の舌に合う美味しいご飯を提供できる語学学校は多くないのが現状です。必ず確認しなければならない事項です。

上記以外にも気にしなければならない点は、ひとつふたつではありません。言葉の通じないフィリピンで、もし体調が悪くなったら、誰が看病してくれるのでしょうか?緊急事態に対処できるクリニックが学校内に設置されているのか、口にする食事とお水は清潔なのか、学校の警備システムがきちんと整っているのか、ストレスなくインターネット接続できるのか、きちんとした休息がとれるのか等々。

些細なことだと思われるかもしれませんが、これらをよく確認することで、間違いなく後悔なしに留学生活を送ることができます。
それでは、カリキュラムと施設、その他すべての点で満足できる学校がどこにあるのか、それが、バギオの名門語学学校「MONOL」なのです。

  1. 10年以上蓄積された、MONOLだけの教育ノウハウ

MONOLは、2003年の開校以降、長い時間をかけて蓄積されてきた教育ノウハウ及び学生ニーズの分析を基に、長時間にわたって行われる、フィリピン留学特有の授業において、独自教材、教育資料、教育法を開発、そして提供しています。

フィリピン留学

  1. 信頼できる教師の質

MONOLは、スケジュール化された教師トレーニングを通じて、各教師を管理、育成しています。まず、初期トレーニングを終えると、担当科目を決定します。当校に「スター講師」はおらず、特定の教師によって、授業のクオリティーが変わることはありません。このように、全教師によって標準化された授業を提供するため、継続的なトレーニングと正規試験を運営しています。

フィリピン留学

  1. 趣味の生活を楽しめる、アクティビティ施設

試験勉強ではない英語学習。柔軟に能動的に、生活していく中で自然に学べる環境こそが、活きた英語を学ぶ近道です。そのため、MONOLは単純に行う英語学習だけでなく、日本と同じように趣味の生活が並行できるように、様々なアクティビティ施設をご用意しています。専門講師に習うヨガゴルフ・ボクシングの授業まで、すべてがひとつの建物で完結し、追加の費用なく、受講することができます。

フィリピン留学

  1. プライベートな空間を守るお部屋

授業以外の時間を過ごすこととなる寮のお部屋も、リノベーションを惜しまず継続しています。ルームメイトと快適な施設で過ごせるようにご用意された広々としたお部屋、靴を脱いで生活ができるカーペット、学生個人別のクローゼット、そして、収納スペースの設置、バストイレ別、冷蔵庫及び除湿機の提供等、他の学校と比べても質の高い学校施設を保有しています。

フィリピン留学

  1. 重量回数制限なしの無料掃除洗濯サービス

申請するたびに追加料金が発生する他の学校とは別に、MONOLは回数重量制限なしの無料掃除洗濯サービスを提供しています。学生の掃除を専門に扱う部署があり、徹底して清潔を維持する掃除サービスが受けられます。また、ランドリーサービスが運営され、預けさえすれば、1度に乾燥からたたんで返却されます。他のことに気をとられる心配なく、ただ勉強だけに集中することができ、学生は快適に過ごすことができるのです。

フィリピン留学

  1. 高速インターネット接続サービス

フィリピンのインターネット環境上、日本ほど速い接続は難しいのが現状です。MONOLは、日本とは異なるインターネット環境による、学生の不便を最小限にするため、法人用のWi-Fiルーターを使用しています。また、各部屋に個別のWi-Fiルーターを設置し、高速インターネット接続を提供するために努力しています。

  1. MONOLを24時間守る徹底されたセキュリティ

MONOLの正門では、学生及び職員、訪問者すべてがIDカードの確認をされたのち、出入りを許可されます。100台以上の監視カメラと管理責任者及び資格を持った専属警備員が、学生の安全に責任を持っています。

  1. 発電機常備

日本よりもインフラが弱いフィリピン国内では、停電がよく起こります。ここMONOLでは、27時間連続稼働できる大型発電機を保有し、学生が経験するだろう不便な事態をあらかじめ防ぐ役割をしています。

  1. 火災予防建築物

各寮には非難案内図があり、火災予防に関して教育を受けた職員及び火災報知器、消火器・消火栓、スプリンクラーなど、消防施設が校内全体に設置されています。

  1. 健康を担うクリニック

言葉の通じない現地で、急に体調が悪くなることは最も心配されることです。MONOLは、応急処置に対応できる学校のクリニックを運営しており、2名の看護師が交代制で勤務しています。学生は、体の調子が悪い場合、初診と処方が得られます。必要であれば、看護師が病院まで一緒に付き添い、学生の健康管理に努めます。

  1. 衛生管理とバランスのとれた食事

MONOLは定期的なフィルターの交換と管理を通じて水質をチェックし、フィリピンの政府機関であるDOHからの水質検査を受けています。また、MONOLで調理されるすべての食材は浄水された水で洗われ、衛生面には万全を期しています。バイキング形式の食事には、野菜や果物、お肉を中心としたおかずを土日祝日問わず、1日3食提供しています。とりわけ豊富な品目と多様なおかずにより、学生が学業に専念できる体力の維持に気を配っています。

過熱を極める語学学校間の競争により、学生はどの学校に行けばよいのか、インターネット上の似たような学校の似たような宣伝に迷い、学校選びだけで相当の時間と労力を無駄にする、もしくは「安さ」だけで選ぶという最悪のケースに陥ります。

学生が正確な情報を得て、ひとりひとりが適した学校を選ぶには、インターネット上の情報は多すぎるものの、信頼できる情報となると少ないのです。だからといって、代理店にすべてを任せていいということでもありません。中には、その地域、学校を訪れたことさえないのに、利害関係を重視して特定の学校を紹介する、本来の姿とは異なる代理店が存在するのも事実です。

そこで、MONOLは代理店を通してではない直接のご入学を通じて、代理店に支払う費用を削減することで、学生により良い施設とカリキュラムを提供するための投資を継続いたします。さらにここからは、学生がMONOLで留学すべきメリットをひとつずつご紹介します。

  • 1週間体験してから決める留学

インターネットや代理店を通じて得た情報とは違い、実際に現地に到着してみると、ご自身とは合わないカリキュラムと生活で帰りたい、けれども、複雑な返金規定により帰ることができない学生は少なくありません。そこで、MONOLは1週間の体験留学を提供します。現地で1週間生活したのち、MONOLが合わず、帰国を決めた際には登録費とピックアップ費の150ドルを除いた学費全額を返金いたします。これは、カリキュラムと生活面のせいで、学生が帰らないということを確信しているMONOLの自信からくる提案でもあります。

  • 学費の援助が受けられるサポーター制度

英語学習はしたいけれども、高い留学費用によってためらわざるを得ない方々のためにご用意しました。MONOLで直接経験し、リアルな体験談を書くことで学費を 援助するサポーター制度です。これは、学費をサポートするとともに、MONOLの情報がさらに欲しい学生にむけて、決して誇張されていない、正確かつリアルな情報を学生の体験談を通じて提供するという、MONOLの強い意思でもあります。

決して短くはない留学期間の中では、きっと様々な変化が訪れるでしょう。個人的な事情で留学をキャンセルしたい場合、複雑な返金規定によって、最初に支払った金額とは比べ物にならないほど少ない返金額のため、留学をキャンセルできない学生がいます。そのため、MONOLは合理的な返金規定をご用意しました。MONOLで勉強するすべての学生は学費をあらかじめ払っていたとしても、まだ始まっていない学期の授業料及び寮費は100%返金いたします。

他の語学学校は、留学が始まる前に費用全額を一括払いのみで受け付けています。そのため、学生は決して少なくない額を一度に支払わなければならない負担を感じるのです。ここに、MONOLは学生のその負担を軽減するための学費分納制度を実施いたします。これは、個人的な事情によって留学をキャンセルする場合にも金銭的損害を最小限にできる方法でもあります。

学生の利便性のため、MONOLは多方面で絶えず新しい制度を考え、実施しています。誇大広告によって学生を欺き、レベルの低い授業や劣悪な施設を提供するような学校にはならないというMONOLの強い意思によるものです。学生の実直な意見を尊重し、透明な学校運営によって、何度も訪れることのない留学の機会を決して無駄にすることのないよう、その成功のために最善を尽くします。

英語留学の成功を左右する学校選び。確実に満足できるMONOLを選んで、留学を成功させてください。