効果抜群の フィリピン留学 、コスパ抜群のMONOLがおすすめ

フィリピン留学 を検討している学生を、最も悩ませるのがまさに学校選びだ。多くの情報と広告で溢れる中、果たしてどの学校を選ぶべきなのか、留学を成功させることはできるのだろうか

フィリピン留学業界内の過度な価格競争により、良質な授業というよりむしろ、いかにたくさん割引を得るかという点で、学生の選択が分かれる。ただ、格安な学費を最重要視して選べば、下手すると、耐えられないような施設と、無いに等しいカリキュラムで、英語学習がまともにできず、貴重なお金と時間を無駄にする可能性が高い。

もちろん格安な学費も重要だが、人生でかけがえのない留学の機会に、良質な授業を提供できる学校選びこそが英語力アップという、留学の最初の目標への近道となるだろう。それでは、数百以上の英語学校の中から、果たしてどのような学校を選べば、留学が成功するのだろうか。

学校は、開校されたのち古い歴史を持つ老舗の学校ほど良い。英語力アップのためには、長い期間、蓄積されたノウハウが必要だからだ。そして、確実かつ体系的に勉強するためには、学生の利便性のためと、多くの人の力でサポートする大規模な学校を学生におすすめしたい。

しかし、長い歴史を持つ大規模な学校は、小規模の学校と比較すると学費が高く、大規模な学校で英語を勉強したいという学生を躊躇させている。

最大300名まで収容可能、創立14年目の伝統を誇るバギオの名門スパルタ学校「MONOL」は、フィリピン留学を検討する学生が、格安かつ良質な留学生活を過ごすために様々な制度を設けている。学生の利便性を最優先に考えるMONOLの制度をいくつかご紹介したい。

  • サポーター制度を通じて、300ドル(4週)の割引を得る

MONOLは、週に1度、MONOLに関する記事を書くサポーター制度を運営し、4週300ドルという破格の割引を学生に直接提供している。MONOLは、学生が学校で勉強し、生活したそのリアルな体験談を、サポーターを通じて、留学を検討する学生に提供している。これは誇張された宣伝をなくし、実際に生活する学生が、率直かつリアルな体験談を提供することで、誇大広告をしないという意思と、サポーターとして記事を作成する学生に割引を提供しながら、金銭的負担を軽減するためのMONOLだけの特別制度である。ESLコース/6人部屋を選ぶと、4週の学費が990ドルで、かつ、サポーターを申請すると、690ドル(4週)の留学費用となる。フィリピン留学内でも最低価格で留学を楽しむことができる。

  • 6人部屋を選ぶ

1年を通して、秋のような涼しい気候を誇るバギオは、フィリピン国内でも有名な教育都市である。そして、この地域には多くの英語学校があり、水準の高い英語教師を採用し、学生に授業を提供している。このようなバギオ地域にある学校の中で、MONOLは唯一、6人部屋を提供している。6人部屋の寮費は310ドル(4週)で他の学校に類をみない格安設定だ。

フィリピン留学

MONOLの6人部屋はシャワールーム2室を部屋に備え(2~4人部屋はすべて1室)、個人の収納スペースと、机または家具を除いても十分に広い空間を学生に提供している。6人部屋といっても、個人の空間を活用できる家具の配置で、不便を感じさせない生活を可能とさせるのが、MONOLの特長だ。

  • フィリピン留学 で最低価格設定のマンツーマン授業追加

MONOLのRegular Speaking ESLの場合、マンツーマン授業3時間、1:4のグループ授業を4時間提供している。このうち、すべてをマンツーマン授業にしたい場合、グループ授業1時間あたり、50ドルを追加で支払うとマンツーマン授業に変更ができる。7時間すべての授業をマンツーマン授業で申し込む場合、追加の費用は200ドルにすぎない。MONOLでは、ESL/6人部屋を選択し、サポーターを申請すれば、全授業をマンツーマン授業にしても、4週890ドルの学費で済む。これは、他のフィリピンの英語学校と比べても格安の変更費用だ。

フィリピン留学

  • 無料で楽しむオプションクラス

MONOLは、学生のために様々な無料授業を提供している。単語や発音など、正規授業に入る前のウォーミングアップができるモーニングクラス(30分)、レベルごとに開講される文法授業(1時間)、IELTS SPEAKING, TOEIC SPEAKING, JOB INTERVIEW(ビジネス英語)等(各2時間、3種類から選択)、多様なオプションを誇る無料授業を運営している。MONOLの正規講師が提供する良質な無料授業を通じて、英語力アップを効率よく進めることが可能だ。このほかに、現地のプロ講師に習うゴルフクラス、ヨガクラス、ボクシングクラスなど多様なスポーツアクティビティまで提供している。

フィリピン留学

2015年から始まった寮のリノベーションを通じて、広く快適な部屋を提供し、学生の健康を考慮し、野菜やお肉をふんだんに使った、平均10~16種類を超えるメニューを1日3食、土日祝日関係なく提供している。

英語教師も高い水準のティーチングノウハウを誇り、各教師には、最低1年2か月の体系的な教師トレーニングが行われる。決められた授業の進度を維持しながら、教師個人の力量に任せない、水準化された良質な授業を提供している。

水準の高い施設と授業を提供しているが、実際に遠く離れたフィリピンの学校を選択するには躊躇してしまう学生のために、MONOLは授業と生活を実際に体験してみて、留学を決める制度も運営している。

フィリピン留学

  • 1週間体験制度

MONOLは入学後、1週間授業を受け、生活をしたのち、留学を継続するか決める1週間体験制度を運営している。フィリピンでの生活が合わない、授業が合わないなど、日本へ帰国したくても学生に不利な返金制度のため、学生が受けるダメージを軽減するMONOLの制度だ。1週間体験後、留学中断を決めれば、登録費及びピックアップ費(150ドル)を除いた金額が払い戻される。

  • 学費分納制度

学費一括払いで、1度に学費すべてを支払わなければならない学生の負担を軽減するため、MONOLは学費分納制度を用意している。これは、学生の負担を減らし、学生が個人的な事情で帰国しなければならない場合において発生する、金銭的負担を最小限にするための制度だ。

  • 100%返金制度

大抵、フィリピンの学校は入学と同時に返金規定が難しい。最初に支払った費用とは比べ物にならないほど少ない返金額により、学生は学校が気に入らない、フィリピンの生活が合わないとしても我慢し、留学を継続している。そのような状況で、学生は英語学習に集中することができず、時間とお金を無駄にするだけだ。このような学生の負担を軽減するため、MONOLは始まっていない学期については、100%の全額返金を学生に提供している。

学生の利便性のために様々な制度を設けるMONOLの積極的な姿勢は、学生が直接来て見て決めるフィリピン留学を可能にさせるMONOLの自信によるものだ。誇大広告と宣伝を減らし、学生が実際に体験して決める留学はなにより、失敗の可能性をなくすことができ、成功する留学として有終の美を飾ることができるだろう。

フィリピン留学