【絶対見てね】学生MahaからのMonol留学アドバイス!

0
  1. MONOLに来たら可能な限り、違う国籍の学生と過ごしましょう。
    私のように留学期間が短いならなおさら!英語力を上げるには焦らなければなりません。それに、他国の学生とコミュニケーションをとったり、一緒に出かけたりすることは、英語学習に効果的なだけでなく、友人と接する中で得られるたくさん異文化コミュニケーションにもなります。多国籍なMONOLだからこそのメリットなので、他国の学生と一緒に過ごしましょう。
  2. 留学期間は3か月以上!
    私の場合、MONOLで2か月過ごしましたが、間違いなくあっという間です。フィリピン留学に来る前に、2ヵ月は足りない、せっかく英語をしゃべることに抵抗がなくなるころに帰ることになるという声をきいていましたが、完全に同意です。もし、ちゃんと英語を学びたいなら、少なくとも3か月の留学期間をおすすめします。
  3. 英語学習がフィリピン留学だけで終わるのはもったいない!
    ここを卒業して帰ったらすぐにオンライン英会話レッスンを始めようと思っています。語学学習は続けることに意味があります。MONOLでの留学が終わったからといってひとつのステップにすぎず、今の英語力の維持、そしてさらなる向上を目指します。
  4. 暇な時間も英語でリフレッシュ!
    放課後に時間があれば、洋画やドラマを英語でみることをおすすめします。ネイティブスピーカーが普段使う表現を学ぶことができます。ストリーミングサイトからダウンロードしたり、お部屋のインターネット環境からみることができます。
  5. 単語帳を準備しましょう。
    フィリピン留学に来ると、いかにボキャブラリーが重要か日々感じます。なにか言いたい時に、適切な言葉がすぐにでてこない!何度も使って口で覚えるしかないのです!単語を覚えるのに時間がかかるのであれば、それだけ会話中のテンポが落ちます。簡単な単語でもいいのですぐに始めて、フィリピン留学前には高校の教科書レベルまで仕上げられたらベストです!
  6. タンブラーを持ってくる、もしくは現地で購入しましょう。
    MONOLにはウォーターサーバーが各フロアに設置されています。タンブラーやコップがあると便利です。ただ、私の場合は、その都度ペットボトルを購入しています…安いので…J
  7. 何のためにここに来たのか、常に自問自答!
    MONOLは外出ができる学校なのでスパルタ校ではありません。常に、英語学習に集中し、目的を見据えて生活しなければなりません。自分を律することができなければ、留学後思うような成果にまで至らないでしょう。
  8. ボキャブラリー学習がすべて!
    最後に、MONOLにお願いしたいのが、オリジナルボキャブラリーの教科書の発行です。MONOLではオリジナルの教科書が豊富に取り揃えられ、学生は自由に購入、英語学習に活用できます。MONOLで勉強をしていれば、間違いなくある一定の英語レベルにはたどり着けるでしょう。ただし、そこから先は自分の努力が大いに影響します。そこで最も必要になるのが、ボキャブラリーです。便利な単語や表現、イディオムが総一覧になった教科書があれば、どんなにありがたいことか…最近はすごく感じています。MONOLにはすでにTOEICのボキャブラリーテキストや、IELTSの各科目に重要な単語がありますが、これをESLコース用にも作成してくれたらうれしいです。
Share.

Comments are closed.