ベトナム・日本の留学代理店様向けツアー実施報告

0

Baguio English Schools Association(BESA:バギオ英語学校協会)では、フィリピン留学・バギオ留学の普及のため、国を超えてのネットワークを構築しています。さらなるマーケット拡大のためのファムツアー(Familiarization Tour)をこの度、ベトナム(3月4-7日)・日本(3月14-17日)の留学代理店・教育関係者向けに実施いたしました。

Monol International Education InstituteはBESA加盟校のひとつとして、このファムツアーへ参加し、実際にフィリピン・バギオ現地に直接視察訪問された代理店各社様に、学校や施設・サービス、教育システムを最大限ご案内いたしました。

韓国から始まったフィリピン留学も今ではアジア各国を中心に、様々な国籍の学生が集まるようになりました。
MONOLでは、台湾・日本・中国人学生を中心に、韓国、ベトナム、サウジアラビア、タイといったアジアの学生より支持を得て、日系の語学学校にはない「生活における英語使用環境」の実現を目指しています。

「韓国系の語学学校よりも日系の語学学校が良い」というのは、英語学習においては今では全くの迷信だとお伝えしたいです。せっかくの留学ですから、駅前留学のような日本人しかいない学校よりも、他国の学生と英語学習・異文化体験できる醍醐味も検討してください。

来月には同様に、中国・台湾の教育関係者向けのツアーを実施いたします。
学生の皆様には、ぜひ実際にバギオを訪問され、こうして直接学校視察をされている留学エージェント様をご利用されることをおすすめいたします。(特に、バギオは地域特性上、想像と現実の差が大きいです。)

ツアーへご参加された皆様、ありがとうございました。

Share.

Comments are closed.