「100%全額返金」がモットーのキャンセル制度

0

フィリピン留学をしていく中で、慣れない環境や英語のストレス、個人的な事情でどうしても帰国しなければならない等、もともと決めていた留学期間を変更せざるをえない場合もあります。

留学期間途中でキャンセルをする場合には、返金ポリシーをしっかり確認してください。

もちろん、本来の留学計画通りに一生懸命英語学習に集中して良い結果を得ようと努力するのも大事です。

しかし、どうしても留学を途中でキャンセルする場合には、学生様の金銭面での負担も考え、MONOLは新学期が始まる1週間前に返金申請を頂ければ、残る学期の学費を100%お支払いされた機関へ返金する方針です。

※返金額はお支払いされた機関の返金方法と約款に準じます。

ただし、返金申請日が新学期まで1週間を切っている場合には、1週間分の寮費だけ除いた学費を返金いたします。

※既に始まってしまっている学期については返金いたしかねます。

(学期の開始・終了は土曜日基準となります。)

学生様の立場に立った優しい返金制度となっていますが、留学を安易にキャンセルせず、最初の留学意志を持ち続け、勉強のモチベーションを保つよう集中してください。

Share.

Comments are closed.