【夏季団体研修】国立山口大学生のフィリピン留学

0

2017年夏季研修、山口大学団体生の受入は今回で6回目となりました。
みなさん4週間という短い研修でしたが、たしかな手ごたえとともに無事ご卒業を迎えました。

フィリピンの避暑地バギオで、快適に安全に英語学習に励んだ4週間の夏休み、
フィリピン留学に行くのと行かないとでは、今後の人生で全く違うのではないでしょうか。

せっかくの長期休暇、アルバイトや遊びで過ごすのも大事ですが、
人生で幾度とない留学のチャンスに、多くの大学生の背中を押すことができる体験談を5名様ご紹介します!

Hiro(Regular ESL/ 4週/ 3+1部屋)

私がMONOLを選んだ理由は、お部屋タイプに3+1(講師共同)があったこと、MONOLのカリキュラムの良さ、また、これまでの先輩方のお声があったので選ばせていただきました。実際、3+1部屋での生活を経験し、先生との仲を深めることができ、又、授業外にも教育を受けられるという貴重な経験を得ることができました。
授業では先生と一対一で授業を受けることができたり、グループワークではお互いに活動を通して英語のスキルを高めることができたりと、大変勉強になりました。1ヶ月では非常に少ないと思いますが、充実した授業を送ることができ、MONOLを選んで正解だったと思います。また、様々なコースや授業があり、英語のスキルを高めるには最適な学舎だと思います。
担当してくださった先生方は非常に優しく、授業も自分が納得するまで親身に教えてくださりました。また、教科書以外の事、例えば将来の夢や勉強の仕方、フィリピンの文化や歴史等も教えて下さり、非常に充実した授業を受けることができました。

学校運営の面では、週末に行われる予定だったスクールツアーが中止になってしまったので残念でした。また、規則について、学生にとっては良い規則だったと思っています。
私の部屋タイプは3+1であり、夜に授業を受けることができ、貴重な体験をすることができました。MONOLの食事は非常にバランスが良く、個人的に非常に美味だったと思っています。また、ジムやバスケットコート等、勉強だけでなく体を動かすことができ、MONOLは勉強環境だけでなく、その他の環境も充実していたと思います。Wi-Fiの環境は良く、家族や友人とも連絡をすることができ、非常に助かりました。

フィリピンの人はフレンドリーな方ばかりだったとあらためて実感しました。また、MONOLのスタッフの方々はとても親切で何度も助けられました。感謝の気持ちでいっぱいです。私の英語力では発音や会話など、大学受験では学ぶことができなかった英語の奥深くを学ぶことができたと思います。又、先生方との会話を通して、少しずつ日常生活を英語で送れるレベルまでになったと思います。ですが、まだまだ自分の言いたい事を上手く相手に伝えることができないので、もっと勉強を頑張って、いつかは自分の気持ちを相手にわかりやすく伝えるようにしたいです。今後フィリピン留学をする方へ、フィリピン留学は英語力を高めるには良いと思います。ですが、すべては自分の努力次第ですので後悔のない生活を送って下さい。

 

Juri(Regular ESL/ 4週/ 4人部屋)

毎年、一番多くの学生が来ていて、知り合いの先輩も来年から来るそうなので、行ってみたいなぁと思って選びました。それと、山大生が選べた3つの学校の中では一番規則がゆるいと聞いていたからです。
私自身が昔、英会話教室に通っていたけれど、同じような授業で週に1,2回でも日本ではすごく高かったです。でも、MONOLでは1日に何時間も教えてくれて、内容も英語力が伸びていると実感できるくらい、質の高い授業を行っていて「来てよかった」と思えました。ただ、カリキュラムが思っていたよりもきつくて毎日しんどいです…。
とっても気さくでおもしろい先生が多くて、日本と比べて授業が授業じゃないようでとても楽しかったです。皆さん、英会話学校の先生みたいにすごく高い英語スキルをお持ちで本当に尊敬しています。ただ、発音の先生が私にだけ厳しいような気がして、授業に行きたくなかったです…。

MONOLの規則は思っていたより厳しくてきついです。大学では、平日も外にでれると聞いていたのですが、実際は門限が21時までなので、他のスパルタ学校と同じだったかなって思いました。
お部屋は本当に予想通りのクオリティだったので満足しています。それと、すごくよかったのがWi-Fiで、日本のショッピングモールや学校にあるものより良質な気がしました。部屋でもYou tubeが普通に見れて嬉しかったです。ただ、トイレがよくつまったのと、シャワーが熱すぎるかぬるいかしかなかったのと、シャワーの水が細くて肌が痛かったのが少し残念でした。
本当にMONOLに来て、私はすごく頑張っていると思います。絶対日本にいたら授業中に寝るけど、少人数授業なのでここでは一回も寝たことがないし、英語力もあがってきていると思います。特に、英語を話すことに慣れたので、恥ずかしがらずに英語をしゃべれるようになって嬉しいです。一日何時間勉強と決めてはいないけれど、宿題をしないと気持ち悪くて眠れないくらい…英語の勉強の習慣が身につきました。英語もだけど、日本に帰っても、この学習習慣が役立ちそうでよかったです。

 

Kaho(Regular ESL/ 4週/ 3+1部屋)

バギオへの留学は山口大学ですでに決まっていて、MONOLを選んだ理由は「3+1部屋がある」こととWi-Fiの設備が整っていること、大学の先輩からMONOLはいい学校と聞いたからです。実際、予想以上にいいところでした。
授業は朝早くから夕方までフルにあって、大学では毎日フルで授業が入ることはなかったので正直きついこともあったけれど、とても充実していて楽しかったです。また、正規の授業以外は自分でどのように過ごすか選択可能なところも良かったです。自分に合わせた生活を送ることができました。私はディスカッションクラスだけとったけれど、夜は宿題で時間がつぶれるので、とても自分に合った生活ができていたと思います。
担当の先生は、全員とても良い先生でした。分からなくても、あきらめずに私に教えてくれたし、みんな親切で優しくて分かりやすかったです。マンツーマンの授業では、生徒が一人だから、うまくしゃべれるか最初はとても心配だったのですが、実際はとても分かりやすくて聞き取りやすい英語で話してくださったので、とても楽しい時間を過ごすことができました。

MONOLでは母国語をしゃべるとペナルティが課せられるルール(EOP)がしっかりしていたのでとても良かったです。また、2週に一度あるMONOLトリップもとても良かったです。
この4週間、バギオで何不自由なく過ごすことができました。私は3+1部屋を選びましたが、このお部屋は外国人の生徒+フィリピン人先生だったので、日本人が2人いても自然と英語をしゃべらなければならない状況だったのでとても良かったです。また、Wi-Fi設備もとてもよかったので生活しやすかったです。日本にいるときとあまり変わらない生活ができたと思います。他の施設もとても良かったです。


フィリピンに来る前と比べて、確実に英語力は伸びました。特に日常生活で話す英語力がついたと思っています。部屋でも英語で話していたということは、とても成長するひとつの要因でした。また、授業以外にも宿題がでるので、自主学習が苦手な私でも勉強に費やすことができました。卒業試験はまだだけど、もしそこまであがっていなかったとしても、私にとってはとても良い経験だったし、外国人の友達ができたり、とても充実した生活ができたので良かったです。フィリピンはマンツーマンか少人数の授業だから、先生が自分のことを見てくれるし、とても分かりやすく教えてくれるのでとても良いところだと思います。

 

Kosei(Regular ESL/ 4週/ 4人部屋)

フィリピン留学は料金が安く、そしてなによりマンツーマン授業があったので選びました。内気な性格なので他の国に行って、自分のつたない英語は不安だったので、すぐにMONOLに決めることができました。あと、MONOLでは宿題がでるので頭に習ったことを叩き込むにはとてもいいものだと思いました。
少人数の授業は内気な自分にはとてもありがたいものでした。意見を言うことが苦手で、もし大人数の授業だったら発言ができずに、今頃後悔が残っているだろうと思います。少人数の授業だからこそ英語がうまくできなくても、自分の意見を言える機会があったので、頑張って考えていくうちに英語力を伸ばすことができました。カリキュラムは最初はどの授業も知っていることばかりだなとも思いましたが、それを詳しく先生方が教えてくださったので、さらに深く学ぶことができました。
先生方はみんな元気で本当に毎日の授業が楽しいです。先生とあまり仲良くなるのが苦手なのですが、フィリピン人の先生は大好きです。なぜなら、優しいし、「No problem」と言って許してくれるので、わからないことがあったら何でも教えてくれます。そして、英語だけでの授業でも本当に分かりやすいです。自分はリスニング力がないので先生方にゆっくり話してもらいました。本当にフィリピンの先生方と会えてよかったです。

MONOL校内では英語しか使えないという規則があったことによって、英語力をさらにあげることができました。一日中英語を使ったり、聞いたりすることによって1ヶ月だけでも英語に慣れることができたと思います。
部屋は広く、一人一人の棚と机とベッドがあるのでとてもありがたかったです。特にベッドは寝心地がよく、環境が変わっても、睡眠不足になることもありませんでした。食堂の食事は合わない人が多いと聞いていたので最初は不安でしたが、いざ食べたら全然大丈夫で、美味しかったので、ずっとおかわりをしていました。また、Wi-Fiはつながりにくい時もありましたが、不便を感じる時はなかったので大丈夫でした。
英語力が伸びたと感じる時は、英語でジョークが言えた時でした。英語で笑いを取ることは人の話をしっかり聞いて、それからおもしろいことを言わなければいけないので、最初にジョークが言えて笑いが取れた時はすごく嬉しかったです。しかし、リスニング力や他の人が英語を話しているのを聞くと、まだまだだなと感じました。でも、それがきっかけでもっとがんばろうと思って、一生懸命勉強に取り組むことができたので良い機会になりました。

 

Kurumi(Regular ESL/ 4週/ 4人部屋)

MONOLには私の先輩が以前フィリピン留学していて、設備がとてもよく、先生方も良い方ばかりだと聞きました。マンツーマン授業が充実していて、MONOLだったら英語が上達すると思って選びました。
マンツーマン授業は分からないところは分かるまできけることができるため、すごく為になりました。初歩から学ぶことができて基礎から身につけられました。1ヶ月という短期間だったので、どこまで英語が身についたかは分かりませんが、日本にいた時よりも英語が好きになったし、楽しく学ぶことができてよかったです。
どの先生方も良い方ばかりで私の英語のレベルが低すぎて迷惑等をかけたと思いますが、みなさん優しく接してくださって、分かりやすい英語を使ってくれて本当によかったです。私のレベルに合わせて話してくださったりと、日本との教え方の違いが歴然でした。また、歳も近くてすごく話しやすかったです。

門限はちょっと大変でした。土日はもう少し長く外出したかったです。でも、勉強に集中できる雰囲気だったので良いと思います。
学校内にバスケットコートやビリヤード、卓球、ジムなどがあって、すごく充実しているなと思いました。部屋は思っていたよりも広くて、トイレとシャワーは不便でも、伸び伸び過ごせました。部屋の掃除は時間が合わなくてなかなかできずに、大変だったので、そこは改善してほしいと思いました。Wi-Fiはすばらしく快適でした。
英語力は正直伸びたかは分かりませんが、外国の友人ができて毎日英語を使っていて、英語学習の素晴らしさを実感しました。毎日たくさんの課題があり、自然と毎日の勉強時間が増えていきました。毎日約1時間半~3時間は英語の勉強を自分でして少しずつ身についてきたかなと思います。
この1ヶ月、最初は心配ばかりしていましたが、今はすごく楽しい日々を送っていて、充実したフィリピン留学を過ごせました。日本では毎日英語はイヤだったのですが、日本人の友人も外国人の友人もたくさんできたので、ぜひMONOLにくるべきです。

Share.

Comments are closed.