MONOL教職員クリスマスパーティー2019「サマークリスマス」

0

2018年12月14日
フィリピンは世界で最も長く、クリスマスを祝う国として有名です。フィリピン人のクリスマスへ懸ける熱意は凄まじく、BER MONTHと呼ばれる1年の後半4ヵ月(月の語尾がber)、9月から年始までクリスマスの雰囲気を街中で楽しむことができます。バギオは避暑地ということもあり、特に12月は寒い地域でクリスマスを過ごしたい観光客に人気です。クリスマス時期に合わせて、街中で様々な催しが開かれ、市の中心マルコムスクウェアではクリスマス村を設置、光と音によるクリスマスのイルミネーション演出を、セッションロードではランタンパレードと花火が提供されました。この時期、バギオは緑と赤のクリスマスカラーで全体が彩られます。

2019年のMONOLでは毎年恒例の教職員クリスマスパーティーが開催されました。テーマは「サマークリスマス」!全従業員がクリスマスを一緒に祝い、親睦をさらに深めるためのイベントです。
まずは、「サンタのそり」がテーマのデコレーション企画。各部署の創造力を発揮し、夏を思い起こす陽気なクリスマスに仕上げました。

そして、クリスマスパーティーは12月14日に市内の有名なバー「HARDIN」を貸し切りで実施!参加者は今年のパーティーのテーマである「サマークリスマス」に合わせたHAVANAがドレスコードです。カミラカベロの代表曲に合わせ、キューバの色とりどりな装いの参加者で溢れた会場はまるで常夏の国にいるかのような雰囲気でした。

パーティーのハイライトはMONOLに長く貢献してくれたスタッフの方々の表彰です。勤続5年または10年以上の方が表彰されました。
各部署がダンスや歌を披露するコンテストも行われ、会場を盛り上げました。

最後にはメインイベントのひとつである抽選会の勝者とコンテストで最も優れたパフォーマンスで観客を魅了したグループが発表されました。
抽選 Leo Christian Alejandro, (1等当選)32インチパナソニックテレビ
ベストデコレーション Post ESL部署 「サーファーサンタ」
ベストパフォーマー  ASD部署
ベストティーチャー賞 T. Reynics Culato
ベストサービス賞 Eleanor Allosa

Mr.& Mrs. Havana T. Reynics Culato & T. Dobby Pengla


MONOLのスタッフ、講師陣は豪華な食事にゲームにパフォーマンスに…夜遅くまでクリスマスパーティーを楽しみました。

 

Share.

Comments are closed.